ひとりスカッシュのようなもの

サッカーでもスカッシュでも、
自分一人で、壁を相手に遊ぶってことができますが、

パソコンも似たようなことが出来ます。

自分の気の済む内容で、気の済む文字を、
気の済む位置に、パソコン画面に打ち込んでいく。

人間が相手ではないし、自分の都合だけで打ち込むので、
画面から思わぬ反応が返ってくるなんてことはない。

一人サッカー、一人スカッシュだと、
ごくたまに、自分で打った球でケガはありますが、

パソコンはねー。少なくともケガはしない。

私は、一人スカッシュみたいなパソコン打ちを
やらないわけではないけれど、めったにやりません。

30年近く前に打ち込んだSFを、手直しというより
いじくることがありますが、いい加減飽きてきた。

人数はわからないが、誰かしらが読む予定である。
というものを画面に打ち込んでいることが、圧倒的に多い。

自分一人で、壁を相手に打ってるスカッシュとは違う。
あとで誰かが、私が壁に打ったものを見に来る。

誰が来るのか、打たれたものをどう見るのか、
確認することはできない。

一人スカッシュのような、そうでもないような。

masako

View more posts from this author